二日酔い対策は肝臓を強くすることから

二日酔い対策は肝臓を強くすることから

二日酔いになりたくないのであれば、自分でも対策をしっかりしていくようにしましょう。今回は二日酔い対策としてどのようなものがあるのかをお話します。

 

お酒を飲む前にする対策について

 

先に食べ物を食べるようにしてからお酒を飲むというのは必ずしておくようにしましょう。飲み会に参加をして、あまりスローペースで飲むことが出来ないのであれば事前に簡単なものを食べるようにしておくといいでしょう。その中でも、ナッツ類というのは植物性脂肪が含まれているのですが、この植物性脂肪というのは、二日酔い対策に有効なのです。

 

事前に食べ物を食べることによって、胃腸のアルコール吸収を阻害させやすくすることが出来ますから、二日酔いになりにくくなります。

 

お酒を飲んでいるときにするべきこと

 

お酒を飲んでいるとき、ゆっくり飲むようにすることが大切です。速いペースでお酒を飲んでいたりしてしまっていると、深酒をしすぎてしまって、二日酔いになりやすくなります。周りの人のペースに合わせるのではなく、自分のペースを崩さずにお酒を飲むようにしてください。

 

お酒を飲むときに、水割りなどにして飲んだりすることもありますが、このようなお酒というのはアルコールが強かったりすることが多いです。また、水割りの場合、水分も補給しているのだから大丈夫だろうと思っている人もいるかもしれませんが、水は水で飲むようにしなくてはなりません。

 

お酒を飲んでアルコールを摂取した場合、肝臓がエネルギーをかなり消費してしまうということもあります。ですからお酒を飲んでいるときも、何か食べるようにして、低血糖対策をすることも忘れないようにしましょう。

 

お酒を飲み終わった後

 

お酒を飲んだ後の対策として、お酒を飲んですぐに寝ないことが大切です。睡眠中というのは、アルコールが円滑に分解されないということが研究で分かっています。ですから、お酒を飲んでもしばらく起きているようにして、アルコールの分解を促すようにしましょう。