二日酔いにオルニチンが効く?

二日酔いにオルニチンが効く?

二日酔い対策や肝臓の働きのサポートなどで紹介されることが多い食品として、しじみがあります。しじみというのは、色々な栄養素がそれだけ含まれているということになります。このしじみには、どのような成分が含まれているのでしょうか?

 

しじみに豊富に含まれている成分として、オルニチンといわれる成分があります。私たち人間も、このオルニチンといわれるアミノ酸を持っています。食事からたんぱく質を吸収すると、酵素によってアルギニンが分解されます。そして、分解されたものがオルニチンになっているのです。

 

このオルニチンは非必須アミノ酸になっており、食事から摂取しなくては補うことが出来ないというわけではありません。ただ、オルニチンは、肝機能を高めることが出来るだけではなく、腎機能の働きも向上しやすいです。さらに、成長ホルモンを分泌しやすくしてくれるので、二日酔い対策だけではなく、普段から摂取しておいたほうが良い成分になっているのです。

 

肝臓の解毒作用を高めてくれるのですが、これはオルニチンがアンモニアなどのような毒素を排出させやすいという作用を持っているからです。解毒をする場合、肝臓に頼らなくては行うことは出来ないのですが、解毒をする際に不要なものが発生したら、排出してくれる役割を負っているのがオルニチンになっています。

 

アルコールを分解する際にも、有害物質が作られますが、しっかりオルニチンがあれば、有害物質が作られたとしても、速やかに排出させやすくすることが出来ます。オルニチンは体でも合成されている成分ですので、不足しにくいとされています。

 

ただ、お酒を飲んだ場合、それだけ肝臓がオルニチンを消費してしまいますから、肝臓の負担が大きくなってしまいます。十分にオルニチンを摂取していれば、肝臓の負担を軽減しながら、解毒をしていくことも出来るようになるため、二日酔い対策にも適しているのです。

 

アルギニンを分解することで、オルニチンが出来ると先ほども紹介しましたが、このアルギニンはたんぱく質を多く含んでいる食品に含まれていることが多いです。