二日酔いに効果のある成分とは?

二日酔いに効果のある成分とは?

二日酔いに対して効果があるといわれている成分についてご紹介をします。このような成分について知っておくことで、二日酔い対策をしていくことも可能になるでしょう。

 

・脂肪、水分、塩分

 

二日酔いに対して、脂肪や水分、塩分というのは非常に有効です。お酒を飲んだ後は、アルコールの分解をするために水分が大量に使われて、脱水症状になってしまうことがあります。ですから、水分はしっかり飲むようにしましょう。

 

お酒によっても違いますが、ワインやビールを飲む場合、飲んだ長形状に水分を補給しなくてはなりません。
また、アルコールを分解するときに塩分も消費されますから、しっかり塩分も摂取しておきましょう。

 

脂肪というのは、血中アルコール濃度を抑制する作用がありますし、アルコールを吸収しにくくしてくれます。ただし、動物性脂肪の場合はカロリーが高いですから、ナッツ類などに含まれている植物性脂肪を摂取するようにしましょう。

 

・ビタミンB15
肝機能の向上をしてくれる栄養素として代表的なのが、ビタミンB15です。玄米やゴマなどに、このビタミンB15が豊富に含まれています。

 

・クルクミン
生薬の一つであるウコンの中にある成分の一つになっているのが、クルクミンです。このクルクミンは胆汁を活発に分泌させる作用があります。

 

・オルニチン
肝機能の補助をしてくれる成分になっており、しじみに多く含まれています。

 

・スルフォラファン
最近、肝臓の解毒作用のサポートをする効果があるということで注目されてきています。このスルフォラファンは、ブロッコリーに豊富に含まれています。

 

・L-システイン
L-システインというのは、美白成分としても知られているのですが、デトックス効果もあり、解毒作用を促進させるため、二日酔い対策にも効果が期待できます。

 

・タウリン
自供強壮剤などに、このタウリンが含まれているのですが、胆汁を分泌しやすくしてくれるだけではなく、肝臓の働きをサポートします。