健康のための中年太り対策

健康のための中年太り対策

メタボリックシンドロームの診断には、一般的に男性がウエスト90cm、女性がウエスト85cmという基準が使われています。もちろん、身長などにより多少変わってくるとは思いますが、このサイズを超えてしまうと、さまざまな生活習慣病のもととなってしまいます。

 

この基準値を超えてしまったという方や、超えてしまいそうだという方は、早急に対策をされた方が良いでしょう。中年太りは油断していると誰にでも訪れる現象ですので気にしすぎも良くないですが、健康に害が出てしまわないようにある程度気を付けていかれる方が良いでしょう。

 

ですが、基準値を超えたからといって急に食事を抜いたり、ハードな運動を始めたりしてしまうと、身体に負担がかかりすぎて逆効果になる場合があります。

 

日常で負担をかけずに続けられるようなダイエット方法で、痩せるというより徐々にもとに戻していくというイメージでダイエットをしていかれると良いでしょう。あまりダイエットをやりすぎて痩せすぎといわれるような体重にまでなってしまうと、逆に健康を損ねてしまう場合もあります。

 

また、膝や腰に負担がかかるような運動はおすすめできません。ジョギングは中年以降に急に始めると関節を痛めてしまうことがありますので、これから始めるならばウォーキングが無難であるといえるでしょう。

 

メタボリックシンドロームの基準値を超えると、動脈硬化の危険性が高まり、脳卒中などを引き起こしてしまう場合があります。早めの解消で、健康の維持を心掛けていきたいものですね。